一番見落としがちな車体の底。見えない部分ではありますが車体の要と言ってもいいフレームはこの部分にあります。FDの一番弱いシート前のフロアの部分は強化の対策が少なく誰もが見て見ぬ所でもあります。
このフレームバーの材質はチタン。60パイのサイズを使用し高強度はもちろんの事、重量軽減にも大いに貢献しています。近年、ボディ補強パーツは数多く出ていますが装着点数が増えれば増えるほど車重は増加の一途をたどり元々軽量であるFDの最も得意とするコーナーリングにおいて不利な環境になると思われます。それをこの手の軽量・高剛性パーツは救いの手と言っても過言ではないでしょう。
取り付けには一番理想なフレーム溶接タイプとボルトオンタイプの2種類を用意しています。作業環境・独自の考え方に合わせて選択してください。

 
販売価格  88,000(本体価格)
 
   
 
back